• 04998-2-2523
  • info@ogasawara-green.co.jp 

炭焼き活動

<活動内容>

≪2017年8月~ 炭焼き活動≫

・活動コンセプト

小笠原諸島では、環境保全のために外来植物の駆除や公園地(国立、都立)への在来固有種の植栽活動など公共事業からボランティア活動まで
広い範囲で様々な活動が行われています。その中で、外来種駆除や間伐などで出た木材は、堆肥化または現場への残置物として処理されており、
資源としての活用がまだまだ足りない現状です。

しかしながら、小笠原諸島で駆除されている外来植物は、元来有用な資源として人為的に小笠原諸島に運び込まれており、活用方法を間違えな
ければ、地産地消で使える貴重な資源となります。例えば、ギンネム(銀合歓、Leucaena leucocephala)は、1860年代に小笠原諸島に持ち込ま
れたと言われ、その用途は当初畑の緑肥、薪炭、家畜の資料、荒れ地の緑化、土壌流出防止などでした。現在は、その逸出した帰化により特定
外来種として指定されていますが、近年では、バイオマス燃料の木質材料として生産性が高い事でインドネシアなどの地域では、バイオマス研
究が進められています。また、アカギ(赤木、Bischofia javanica)は、乾燥時に変形する事が多いものの加工性の高い木で、仕上がりも滑らか
になることで、沖縄の木工家の方々は好んで家具や細工品を作る事が多いと言われています。このように駆除によって廃棄されている小笠原諸
島の植物の一部は、有用性の高い物として生まれ変わることができるのです。

そこで私たち小笠原グリーンでは、駆除された外来樹木を炭にコンバートし、リサイクル活用を行っていきたいと考えています。ギンネム以外
にはアカギ、モクマオウといった強い火力を産み出す力がある木材があり、これら使い炭を作り、例えば災害が起きエネルギー供給断たれた時
の防災用品に活用したり、園芸から公共事業のマルチング、土壌づくり、かせんの水質改善。一般生活においては、消臭、除湿などに活用する
事で小笠原諸島における資源の循環を作りたいと考えています。

このような活動によって、本州には無い小笠原諸島独自のブランドと、環境を資源とした循環型社会の一端を構築できると考えています。

 

 

<活動の風景>

■外来種駆除によって切られたギンネム

■ドラム缶に材を詰めていく様子

 

■火入れ②

■火入れ②

 

■煙の変色

■窯閉め