• 04998-2-2523
  • info@ogasawara-green.co.jp 

グリーンアノール駆除と環境教育ボランティア

<活動内容>

≪2017年05月~ グリーンアノール駆除と環境教育ボランティア≫

・活動コンセプト

小笠原諸島で特定外来生物として猛威を奮っているグリーンアノールは、小笠原の生態系にとって脅威であり、駆除の対象となっております。
そのグリーンアノールの駆除と拡散防止・抑制に向けて環境省、東京都による公共事業が現在展開されております。

このような状況の中で、経済団体連合会(経団連)から助成金を受けたNPO法人小笠原野生生物研究会による「駆除を目的とした市民活動」
が2017年5月から始まりました。当初、その活動に協賛させていただく予定でしたが、当社では「島の未来を担う島っ子達と一緒に取組たい」と
考えており、参加者年齢など経団連の助成条件に合致しないことと、一部教育関係者や父兄などから「駆除=殺処分」を子供に行わせる拒否感を
指摘されたことにより協賛を断念しました。

「駆除=殺処分」は事実ではあるものの、耳で聞く環境教育だけでなく、実際にフィールドに出て自分の手で環境保全の一翼を担うという自負心を
子供たちに持たせることが、将来の小笠原を担う『島っ子』達の生態系保全に対する意識の醸成に繋がるのではないか?と環境省に相談したところ、
『何故アノールを駆除しなければいけないのか?』、『生物多様性を保全することが未来にどのように繋がっていくのか?』といったテーマの
環境教育を同時に実施していくことを条件に、環境省小笠原自然保護官事務所のバックアップを得ることができました。
これが現在の活動に繋がっております。

現在、活動に参加しているのは、小笠原に住む小学生の子供たちとそのご父兄で、村役場関係者など行政関係のご家庭もご賛同いただいており
感謝しております。前述したように、捕獲活動のみではなく参加している子供たちには、全11回の環境学習も行っており、前半5回では
「何故、グリーンアノールを殺す必要があるのか?グリーンアノールは悪者なのか?」をテーマに、後半6回では小笠原でおこなっている
「他の外来種駆除事業」の学習、また各事業が「将来の島の生活にどのような影響を与えるのか?」、「環境保全各事業と今後必要とされている
循環型社会への発展」をテーマとして学習をおこないます。循環型社会(エネルギーの地産地消)といった、一見グリーンアノール駆除とは
別次元のテーマ敢えて挑戦する意図としては、一定水準以上のエネルギー循環を島内で確保することにより、将来に起こるとされている
巨大地震や大津波、地球温暖化によって年々増大している大規模災害によって、衣食住及びエネルギー資源の大半を依存している本土が
被害を受けた場合に、物資供給の滞りなどによる生活維持への影響を軽減できると考えるからです。『東京から約1000kmに位置する離島』
という閉鎖環境下で、可能な限りのエネルギー循環を実現していく方法を将来最も被害を受けるであろう島っ子たちと考えていきたいと思います。

 

 

 

<環境学習コンセプト>

 

<活動の風景>

父島 三日月山 山頂付近での捕獲活動①

父島 三日月山 山頂付近での捕獲活動②

 

父島環境省世界遺産センターでの環境教育①

父島環境省世界遺産センターでの環境教育②