• 04998-2-2523
  • info@ogasawara-green.co.jp 

在来植物植栽と環境教育

<活動内容>

≪2017年12月  擁壁工事に伴った在来植物植栽と環境教育≫

・活動コンセプト

今回、東京都発注の擁壁工事の中で、植栽工事を下請負で施工させていただいております!
周辺に自生する『在来種、固有種を目標植生』とした植栽が今回のミッションになります。
ただし、「活着目標とする植生」だけを植栽する手法では、苗木が小さい時期、当初数年間はギンネムなどの外来種侵入によって目標植生の活着や生育に不安が残ります。その為、『緑陰効果』や『順応的な管理』によって抑制していく試験的取り組みを同時に実施します。
また今回、この植栽手法を小笠原小学校でも趣旨賛同していただく事ができ、4年生の総合学習の一環として『東京都のレンジャー』、『地元ガイド」の皆さんと一緒に『事前学習2時限』と『植栽体験』を実施することになりました!
事前学習では、この1年間総合学習講師として4年生に小笠原の植物について授業をされていた「マルベリーの吉井様」(http://ogasawara-mulberry.com/)が1時限、主に周辺植生や今回植栽する植物の学習をしてもらいました。
私達と都レンジャーでも1時限、今回の試験的取組を何故行うのか?という視点で環境学習をしてきました!                  植栽体験(12月20日を予定しております)では、1クラスを5班に分け、都レンジャーと弊社職員とで各班の子供達全員が植栽できるよう体験会を進めていく予定です。今回植栽した子供たちは4年生ですから今10歳。成人式を迎える10年後に外来種の生えていない固有種、在来種の林を見てもらいたいものです。
今回の取組の概略説明をしますと、植栽苗の活着促進のためにモモタマナを利用するというものです。
『緑陰=緑でつくる日陰』によって、小笠原の強い紫外線から稚樹を守る効果と、植栽地の水分蒸散抑制効果、周辺に多数入り込んでいる「ギンネム」や「モクマオウ」などの混入抑制効果を狙います。従いまして、植栽当初はモモタマナが多い少々いびつな環境になります。
植栽後は、活着目標樹種を『順応的な管理管理手法』によって成長させていきます。
樹種により成長スピードは異なりますので、それぞれの樹種の成長にあわせて、緑陰など活着促進効果を担ってきたモモタマナを剪定・伐採していき、最終的にはモモタマナを活着目標植物にすべて置き換えます。
もちろん、外来種などの雑草取りも順応的管理の一環として実施していきますが、モモタマナの緑陰効果や防草シート、いくつかの遮光実験などを通して外来種の混入を抑制して『手間』の少ない管理を目指します。                             また、設置は年明け以降になってしまいそうですが、今回植栽した樹木の樹名板を『滝沢木工の滝沢様』が無償提供してくださいました。現在、小学校で子供たち自らの手で樹名記入をしてもらってます。単なる公共事業が「地域の協力でより良い街づくりに繋がっていく」そんな理想的な未来を感じてしまいました。

このようなリーチアウト活動に小笠原グリーンがかかわっていけるようになったことは嬉しい事だなと思っています。
今後もCSRの一環として、このような取り組みをドンドン実施していきたいと考えておりますが、皆様のご支援・ご協力があってこそ、より効果的な社会貢献活動に繋がっていくと思います。
ということで、皆様のご協力をお待ちしておりますので宜しくお願い致します!

 

 

<活動の風景>

小笠原小学校で行った総合学習の風景①

小笠原小学校で行った総合学習の風景②

小笠原小学校で行った総合学習の風景③

小笠原小学校で行った総合学習の風景④