• 04998-2-2523
  • info@ogasawara-green.co.jp 

外来種駆除や枯損木伐採、間伐による木材の有効利用

<活動内容>

外来種駆除や枯損木伐採、間伐による木材の有効利用

 

<活動コンセプト>

 

小笠原では公共事業で実施される外来種駆除や枯損木、支障木伐採などで発生する樹木を年間270t近く『チップ化』や『細断処理(薪利用目的)』しておりますが、大半が有効に利用されていない現状があります。少なくても処理された樹木が『お金を生み出すシステム』には繋がっておりません。

また、現場(森林内)からの搬出が困難なため、現場残置する発生材木に関しては細断のみの処理しかできず、ただただ腐植を待つのみの状況になっております。

 

小笠原の生態系を破壊する「外来樹木」や、社会生活上「邪魔な」、「危険な」樹木とはいえ、『エネルギー資源』や『材木』、『肥料』・・・という視点で伐採された木々をみると小笠原にとっては大きな財産になり得ます。

経済、エネルギーなど生活のほぼ全てを内地に依存している小笠原にとって、資源循環への取組は大切なミッションであると考えております。

 

大きな話になってしまいましたが、私たち小笠原グリーンでは、その小さな小さな一歩として、伐採樹木を『製材』したり、腐朽の入ってる材は『炭用の薪』にしたり、途中で発生した樹皮を『バーク堆肥』にしたり、おが屑を『土壌改良剤』にするなど伐採樹木を最後まで無駄遣いしない取組に着手します。

勿論、空き時間で実施していきますので「伐採木の一部で・・・」という注釈付にはなってしまいますが、この取組が島民のご賛同を得て、小笠原の新しい産業に繋がっていくことを夢見て頑張ります!

   

   

   

<活動の風景>

製材①

製材②

   

炭焼き用の薪①

炭焼き用の薪②

   

木工品(作品例)

おがくず