• 04998-2-2523
  • info@ogasawara-green.co.jp 

地域協議会の設置

<小笠原生態系保全に基づく開発委員会>


小笠原に循環型社会と産業振興の両立を目指した協議会が平成30年10月に設置されました。

協議会の名称は「小笠原生態系保全に基づく開発委員会」。

長い名称ですが、地域で活躍する事業家や一次産業経営者、地域有識者で構成されており、『小笠原の生態系保全』と地産地消をコンセプトとした『産業振興』を両立させ、持続性ある循環型社会を目指した提案を地域に対して行っていきます。

もちろん、小笠原は世界自然遺産地でもありますので、我々のご提案が地域に拡がっていけば「小笠原のブランドアップ」にも貢献できると考えております。

令和元年5月現在、設立から約半年経ち、趣旨にご賛同いただいた地域の木工作家さんなど「ものづくり」を生活の糧として起業したい個人の方々や、地域文化を地産地消でつくり繋いでいくことを目指している団体さんなど個人法人を問わず参加者が増えているだけでなく、電気事業者や農協、村議も加わり議論がより具体的に活性化しています。

議論だけでなく地域材を利用した筆記具や食器、楽器などの商品も委員会関係者の手による製造・販売も成されてきており設置時に掲げた目標である「実行力ある協議会」としても機能しつつあります。

私たち小笠原グリーンも委員会事務局として活動させていただくとともに、固有種外来種を問わない地域バイオマス資源のご提供などで地域に貢献していきたいと考えております。

※趣旨にご賛同いただける地域の個人、法人さまはいつでもご参加いただけますのでお問合せください。もちろん地域外の方でもご興味があればお問合せください。