• 04998-2-2523
  • info2017@ogasawara-green.co.jp 

特殊伐採

 

 

■なぜ、特殊な伐採が必要なのか?

亜熱帯気候で樹木の生長スピードが早い小笠原諸島。
大神山公園など都市公園地や各遊歩道などの自然公園地の樹木は、村民を始め観光客の皆様の安全な公園利用を確保するために、
適時、剪定や伐採を行う必要があります。
とはいえ、小笠原は世界自然遺産地でもあるため、伐採、剪定時には周辺の生態系への配慮が必要となってきます。

例えば、剪定した枝1本といえども、そのまま落下させると周辺の希少種や固有種植物を折ったり枯らしてしまったりすることがあります。
このようなことを起こさないような配慮が必要になってくるということです。
具体的には事前に周辺の植生や生物調査を行い、周辺環境への影響を最小限に抑える作業手法と作業者の安全性双方を検討し、
計画に沿って安全に作業を実施していく。
その中でクライミング(登木)やリギング(吊るし切などの手法)を使う特殊伐採技術が必要となってくるのです。

「利用者の安全確保」と「周辺環境への配慮」、それと何より「作業者の安全確保」を可能にする技術、
特に世界遺産の小笠原だからこそ重要となると考えます。

私たち小笠原グリーン株式会社の環境保全チームは、剪定後の「剪定木の樹勢保護」や枯損木等の「伐採による周辺植生への影響」などを
総合的に発注者に提案していく環境配慮要員、アーボリカルチャートレーニングを積みプロの作業者として「自身の安全確保を最優先とした
クライマー技術」を磨き続けるツリークライマー、クライマーとの阿吽の呼吸で伐採補助や安全なリギングをサポートするグランドワーカー、
チェーンソーだけでなく機械全般のメンテナンスを行う整備士を1単位のチームとして構成しています。

この環境保全チームを中心として皆様の安全と快適性、小笠原の希少生物を保全していきたいと考えております。